R&D Policy[研究開発方針]

東ソー・ファインケムは、ハロゲンケミストリーと有機金属をコア技術とした独自の新商品を上市することで、持続的な成長と社会への貢献を目指すファインケミカルメーカーです。研究開発部には、高分子、医薬、電子材料などの分野において新しい技術・製品を創出することが求められています。そのため、開発ターゲットに沿って4つのグループに編成し、研究開発を進めています。さらに、工場に隣接しており、お客様への技術サポート、製造サポートも行っています。

「REPELFINE」による金属表面の改質

有機金属・触媒グループ

有機ファイングループ

機能性材料グループ

研究企画グループ